療養生活について

認知症治療病棟のご案内

“認知症”という障害を抱えた方の専門病棟です。
精神症状や行動障害の為、自宅や施設などでの生活が困難な方に、機能訓練・生活指導・薬物療法・作業療法などを組み合わせたプログラムを実施し、集中的な入院加療を目的としています。患者様の残存している健康な部分に医療・看護・介護を提供し、家庭復帰に向けて援助をしている病棟です。

内科療養病棟のご案内

自宅や施設などで看護や介助が困難な方に対し、集中的な入院加療を目的にしています。そして、患者様の残存している健康な部分に医療と看護・介護を提供し、家庭復帰に向けて援助している病棟です。

精神療養病棟

精神科男女混合療養病棟です。慢性期で生活指導を必要とする患者様が多い病棟です。統合失調症、躁うつ病の患者様が多く、ADLは自立または一部介助を要する患者様が療養生活を送る病棟です。精神作業療法やレクリエーション活動等に積極的に参加し、自主性と協調性を身につけ日常生活の中で自立していくための訓練を行っております。

精神一般病棟のご案内

閉鎖の男女混合病棟です。治療上閉鎖を必要とする方が入院しております。出入り口のドアは閉鎖されていますが、棟内は開放的な雰囲気で治療ができるようになっています。症状によって時間病棟外開放や、閉鎖病棟から開放病棟に移ることもあります。

精神科作業療法について

作業療法とは、作業療法士によって行われる「心と身体のリハビリテーション」のことです。病気や障害により「生活のしづらさ」を抱える方々に対し、創作活動やゲーム、歌などの楽しむ活動を通して、地域に戻った時にその方らしくのびのびと生活を送れるよう、支援していく治療プログラムです。
当院の作業療法室では、患者様ひとりひとりとの対話を大切にし、現在や今後の生活の中で、本人にとって「意味のある作業」が出来るように支援しています。

病棟での1日の様子(療養病棟)

6:00 起床
7:00 服薬
8:00 朝食
7:50 病棟入り口解錠
9:05 ラジオ体操
ミーティング
9:20 検温
9:30 介助入浴(月・木)
リネン交換(火)
9:45 作業療法
11:00 服薬
12:00 昼食
13:00 買い物カード配布
現金携帯(火)
13:15 一般入浴(月・木)
13:45 作業療法
17:00 服薬
18:00 夕食
18:30 病棟入り口施錠
20:00 服薬
21:00 消灯・就寝
22:00 テレビ終了
療養生活について 看護部からご案内 南浜中央クリニック 問い合わせ 見学希望の方はこちら
療養生活について 看護部からご案内 南浜中央クリニック 問い合わせ 見学希望の方はこちら